ヘアカラーの準備

ヘアカラーの前に準備しておくもの

ヘアカラーは液剤の他にも、手袋や鏡などさまざまな道具を使うことになります。

一度ヘアカラーを始めてしまうと、動くこと自体が難しくなってしまうため、必要なものはあらかじめ身の回りに準備しておきましょう。

準備する物は、身の回りに置いて使う物と、身につけて使う物の2種類にわかれています。

身の回りに置く物

塗り残しや色ムラを防ぐため、スタンドタイプの鏡を目の前に置いて塗り具合をチェックするようにしましょう。
時計 ヘアカラーでは塗布時間や放置時間に規定があります。規定時間を超えると染め上がりが変わってしまいますので、目に見えるところに時計を置いておきましょう。
新聞紙 床周りはもちろん、テーブルの上など、薬剤を置くところにも新聞紙を敷き詰めておきます。こうすることで、家具や床を汚れからカバーすることができます。
ティッシュペーパー 薬剤が飛び散った際、乾いてしまうとあとで落としにくくなります。薬剤が肌や家具に飛び散ったら、すぐにティッシュペーパーで拭き取りましょう。

身につけておく物

手袋 手は最も薬剤がつきやすい部分です。手袋を着用し、薬剤が手につかないようカバーしましょう。ヘアカラーに添付されているビニール製の手袋を使用してもOKです。
輪ゴム・
アームカバー
手袋のズレ防止に着用します。
ケープ 首から肩まですっぽり覆うタイプのケープを着用し、首や衣服への色移りを防止します。
ヘアクリップ 髪の長い方や髪が多い方は、ブロッキングするためにヘアクリップを使用しましょう。
前開きの服 ヘアカラーを終えた後の洗髪時に脱ぎやすいよう、前開きの服を着用します。頭からかぶるタイプの服は脱ぐときに薬剤がついてしまうので避けましょう。
コールドクリーム 薬剤が地肌についてしまうと、後から洗ってもなかなか落ちにくくなります。あらかじめコールドクリームをフェイスラインや耳などに塗り、万が一薬剤がついても落としやすいようにしておきましょう。

その他、あると便利なもの

コーム・ブラシ 髪全体に薬剤を均一に行き渡らせるために便利です。ブラシやコームにはたっぷり薬剤がついてしまうので、専用のものを使用しましょう。
イヤーカバー 美容院などで使用される耳をすっぽり覆うタイプのカバーです。耳は特に薬剤がつきやすいので、イヤーカバーがあると便利です。
ラップ しっかりと色をつけたい場合、薬剤を塗布した後、ラップで覆うとかなり強めに発色します。ただし、ラップをしたまま長く放置すると染まりすぎるおそれがあるので、注意が必要です。
髪と頭皮を傷つけない白髪染め

無添加の白髪染めなら「利尻ヘアカラートリートメント」髪しっとり♪
www.sastty.com

≪ レフィーネ≫公式通販サイト

香りがよく髪の毛に優しい白髪ケア。全8色、天然くちなし色素を配合♪
www.8341.jp

180万本突破!話題の白髪染め

簡単に素手で使える。自然派・白髪染め≪ピュアハーバルヘアカラー≫
max-grow.com