自宅でやる際のテクニック

自宅で上手にカラーリングするには

自宅で上手にカラーリングするには、正しい手順を守ることの他に、いくつかのコツがあります

これらのコツをつかむことで、色ムラなどのトラブルを防ぐことができるほか、より自分の理想の色合いに染めることが可能になります。

ここでは自宅で上手にカラーリングするためのテクニックをいくつか紹介します。

ブロッキング

髪が多い方や長い方は、ヘアカラーを行う前に、ヘアクリップなどでブロッキングを行います。

ブロッキングを行うと、全体的に均一な仕上がりになるほか、つい忘れがちな髪の内側もきれいに染めることができます。

ブロッキングの方法は、まず前髪を三角形に取り、ヘアクリップで留めます。次に、後頭部の髪をセンターラインで2つに分け、さらに耳の付け根のラインで4等分し、上部2つのブロックをそれぞれクリップで留めます。

最後に、残った髪をひとつにまとめてブロッキングし、完了です。

ラッピング

髪質が太くて硬い方や、白髪染めの場合、普通の髪質よりも染まりにくい傾向にあります。

そこで、より強く、均一に発色させるためにラップを使用します。混合液を塗りおえた後、ラップを頭部全体にかぶせると、ラップで巻いた部分に均等に熱が伝わり、色ムラのない仕上がりになります。

ラップを巻いた上からドライヤーの熱を当てると、より強く発色するようになります。硬毛や白髪でなかなか染まりにくいという方は試してみるとよいでしょう。

ただし、この方法で長時間放置すると、明るく染まりすぎる場合があるので、放置しすぎは禁物です。

乳化

通常、一定時間放置したらそのままシャンプーで洗い流してしまうところですが、その前に乳化作業を行うと仕上がりがきれいになります。

乳化とは、頭部に少量のぬるま湯をつけてもみこむようにマッサージすることです。この乳化作業により、色ムラを防げるほか、色持ちや染まりが良くなります。

また、マッサージ効果によって地肌についた薬剤が落ちやすくなり、一石二鳥です。

乳化の目安は、ある程度マッサージして混合液がクリーム状になるまで行いましょう。

その後は、通常通りシャンプーで洗い流せばOKです。

髪と頭皮を傷つけない白髪染め

無添加の白髪染めなら「利尻ヘアカラートリートメント」髪しっとり♪
www.sastty.com

≪ レフィーネ≫公式通販サイト

香りがよく髪の毛に優しい白髪ケア。全8色、天然くちなし色素を配合♪
www.8341.jp

180万本突破!話題の白髪染め

簡単に素手で使える。自然派・白髪染め≪ピュアハーバルヘアカラー≫
max-grow.com