色選びの方法

ヘアカラーの色を選ぶ方法

ヘアカラーを選ぶ時、重要なのが色選びです。色選びを間違えると、理想の色とはほど遠い色に仕上がってしまったり、思ったより染まらなかったりなど、トラブルのもととなります。

ヘアカラーそのものの色も大切ですが、髪質やもとの髪色によって染め上がりの色が大きく異なるので、色を選ぶ前に、まず自分の髪質と髪色をチェックしておきましょう。

また、市販のヘアカラーは、美容院のカラーリングとは異なり、色落ちが早く、明るくなりやすいという性質を持っています。

そのため、市販のヘアカラーを買う場合は、希望の色より若干暗めのものを選ぶのがポイントとなります。

色選びの基本は髪質

ヘアカラーのパッケージに記載されている色は、髪が太くもなく細くもない普通の髪質を基準としています。

そのため、髪が太くて硬い硬毛や、細くて柔らかい軟毛の場合、染め上がりはパッケージの色と異なる場合があります。

一般的に、硬毛は染まりにくく、軟毛は染まりやすい性質を持っているため、硬毛の場合は希望の色よりワントーン明るめの色を選ぶようにしましょう。

軟毛はヘアカラーの発色が良く、どんな色でもきれいに染め上げることができますが、赤味系は若干色持ちが悪い傾向にあります。

一方、硬毛は一度でしっかり染めるのは難しく、明るめのカラーでも暗めに仕上がるという特徴があります。赤色やオレンジ系は比較的きれいに発色するので、無難に染めたい場合は赤やオレンジ系を選ぶとよいでしょう。

白髪染めの場合

白髪はもとの色が白色なので、黒髪を染めるおしゃれ染めに比べるとどの色も明るめに染まる傾向にあります。

特に軟毛の白髪は思った以上に明るめに染まる傾向にあるため、放置時間を長く取ってしまうと他の髪と浮いてしまうおそれがあります。

軟毛の黒髪は黄味系の色がきれいに出やすいので、黄色をベースとしたカラーで染めると、白髪と黒髪がうまくなじんできれいに染め上がります。

一方、硬毛は赤やオレンジの色が出やすいので、白髪染めも赤やオレンジを基調とした色を選ぶと、全体の仕上がりがきれいになるでしょう。

髪と頭皮を傷つけない白髪染め

無添加の白髪染めなら「利尻ヘアカラートリートメント」髪しっとり♪
www.sastty.com

≪ レフィーネ≫公式通販サイト

香りがよく髪の毛に優しい白髪ケア。全8色、天然くちなし色素を配合♪
www.8341.jp

180万本突破!話題の白髪染め

簡単に素手で使える。自然派・白髪染め≪ピュアハーバルヘアカラー≫
max-grow.com