ヘアマニキュア

ヘアマニキュアとは

ヘアマニキュアは、スーパーやドラッグストアなどでヘアカラーと並んで陳列されているため、混同してしまう方も多いのですが、ヘアカラーとヘアマニキュアでは髪の染め方に違いがあります

厳密に言うと、ヘアマニキュアは髪を染めるのではなく、髪の表面をカラーコーティングすることで色をつける商品です。

ヘアカラーの場合、酸化染料剤によって髪の内部にまで染料を浸透させるため、ヘアマニキュアとは根本的な仕様が異なります

ヘアマニキュアは、染料を表面にコーティングするだけなので髪や頭皮への負担が少なく、ヘアカラーで髪や頭皮が傷んだ方や、敏感肌でヘアカラーを使うとかぶれてしまう方でも使用することができます。

ヘアカラーとヘアマニキュアを上手に併用しよう

ヘアマニキュアは髪や頭皮を傷めずにカラーリングすることができますが、そのぶん、ヘアカラーより染まり具合が弱く、色持ちしないという欠点があります。

特に白髪染めに利用する場合、染毛力が弱すぎてしっかり染まらない傾向にあるため、しっかり染めて色持ちさせたい場合には、ヘアカラーとヘアマニキュアを交互に併用する方法がベストです。

ヘアカラーを利用して3週間後を目安にヘアマニキュアを使い、さらに3週間後にヘアカラーを使用するというサイクルを繰り返せば、ヘアカラーによる頭皮や髪へのダメージを抑えながら理想の髪色を維持することができるでしょう。

ヘアマニキュア使用時の注意点

ヘアマニキュアは、ヘアカラーよりも染毛力が劣るとは言え、髪に色をつけるほどの強力な染料を使用しています。

そのため、肌や服などについてしまうと、なかなか染料が落ちなくなってしまいます。特にフェイスラインや耳は染料がつきやすいので、イヤーカバーを使用するか、コールドクリームをたっぷり塗っておくなど、事前の装備を万端にしておきましょう。

また、ヘアマニキュアは髪の表面をコーティングするだけなので、シャンプーのたびに色落ちしてしまいます。

そのため、シャンプー後の塗れた髪をタオルで拭き取ると、ヘアマニキュアの染料がタオルに色移りする可能性があります。タオルドライに使用するタオルは、色移りしてもかまわないものを選んで使いましょう。

もちろん、髪が濡れたまま寝てしまうと、枕や寝具を汚す可能性があります。髪は自然乾燥させず、ある程度ドライヤーを使って乾かしてから就寝するよう心がけましょう。

髪と頭皮を傷つけない白髪染め

無添加の白髪染めなら「利尻ヘアカラートリートメント」髪しっとり♪
www.sastty.com

≪ レフィーネ≫公式通販サイト

香りがよく髪の毛に優しい白髪ケア。全8色、天然くちなし色素を配合♪
www.8341.jp

180万本突破!話題の白髪染め

簡単に素手で使える。自然派・白髪染め≪ピュアハーバルヘアカラー≫
max-grow.com