ヘアカラーの注意点

ヘアカラーをする際の注意点

ヘアカラーは自宅で手軽に白髪染めやおしゃれ染めができる便利なアイテムですが、手軽だからと言って頻繁に使用したり、予備知識のないままに使用すると、思わぬトラブルの原因となります。

実際、ヘアカラーを繰り返し使用した結果、髪がパサついたり、頭皮に炎症が起きたりするケースはめずらしくありません。

一般的な酸化染毛型のヘアカラーは、髪や頭皮に刺激を与えるものであることを認識し、乱用は避けるよう配慮しましょう。

アレルギー症状予防のために、パッチテストの徹底を

一般的なヘアカラーに使用される酸化染毛剤には、主成分としてパラフェニレンジアミンというジアミン系の成分が配合されています。

パラフェニレンジアミンは有刺激性成分のため、髪や肌に対して刺激が強いほか、アレルギー体質の方が使用すると、強いアナフィラキシーショックを起こす可能性があります。

アナフィラキシーショックを起こすと、目の激しい痛みや咳のほか、ひどい場合は呼吸困難などの重篤な症状を起こす例も報告されています。

ヘアカラーによるアナフィラキシーショックを予防するためには、ヘアカラーの前に、必ずパッチテストを実施することです。

パッチテストはあらかじめ混合液を腕の内側に塗ってアレルギー症状が起こるかどうかチェックする皮膚テストのことで、ヘアカラーによるアレルギー症状のリスクを事前にチェックすることができます。

パッチテストは毎回必ず行い、ヘアカラーによるアレルギー症状のリスクを少しでも減らすよう努めましょう。

パーマとの併用は可能?

ヘアカラーとパーマを両方利用している方にとって、カラーとパーマを同時にしてよいかどうかは気になるところです。

パーマとヘアカラーは、どちらも少なからず頭皮と髪に負担をかける傾向にあります。そのため、パーマとヘアカラーは同時に行うよりも、日にちをずらして行うほうがベストです。

美容院でのパーマやヘアカラーは極力ダメージを抑える薬剤を使用していますが、それでもパーマとヘアカラーを同時に行うのはなるべく控えた方がよいでしょう。

日にちをずらす場合には、先にパーマをかけると、カラーの退色やパーマのかかりにくさを予防することができます。

また、パーマとヘアカラーの間は、最低でも1週間以上の期間を空けることをおすすめします。

髪と頭皮を傷つけない白髪染め

無添加の白髪染めなら「利尻ヘアカラートリートメント」髪しっとり♪
www.sastty.com

≪ レフィーネ≫公式通販サイト

香りがよく髪の毛に優しい白髪ケア。全8色、天然くちなし色素を配合♪
www.8341.jp

180万本突破!話題の白髪染め

簡単に素手で使える。自然派・白髪染め≪ピュアハーバルヘアカラー≫
max-grow.com