ヘアカラーのしくみ

ヘアカラーのメカニズム

ヘアカラーは、1度の染毛でしっかり色をつけ、かつ色持ちも良くするために染料を髪の内部にまで浸透させて発色させます。

染料を浸透させるにはいくつかの段階を経る必要があり、ヘアカラーにはそのための化学薬品が1剤と2剤にわかれて配合されています。

1剤には酸化染料とアルカリ剤、2剤には酸化剤(過酸化水素水)が配合されており、使用する直前に1剤と2剤を混ぜ合わせて混合液を作ります。

ここでは、一般的なヘアカラーによるカラーリングのしくみを説明します。

1.アルカリ剤でキューティクルを開く

乾いた髪に、1剤と2剤を混ぜ合わせた混合液を塗ります。

すると、1剤に含まれたアルカリ剤によって弱酸性の髪のキューティクルが開きます。

開いたキューティクルから混合液が髪の内部に浸透します。

2.髪の色素を脱色する

髪の内部に混合液が浸透すると、2剤に配合されていた酸化剤が分解され、酸素を発生させます。

その後、酸化剤によって髪の着色料であるメラニン色素が脱色され、発生した酸素と線量が結びついて染料を発色させます。

3.色の定着

発色した酸化染料は、分子同士が結合して肥大します。肥大した酸化染料はキューティクルから出られなくなり、染料が流れ出ることなく、髪の内部で色が定着します。

その後、髪がもとの弱酸性に戻り、キューティクルが閉じることでよりしっかりと色がつくようになります。

髪のトーン(明度)について

ヘアカラーはそれぞれトーン分けされており、トーンによって髪色の明度がわかれます

日本人の基本的なトーンは4~5と言われており、髪色のもととなるメラニン色素はこの一定のトーンを保って存在しています。

ヘアカラーは、もとの髪色のトーンを変えるため、メラニン色素を分解・脱色し、明度を上げる仕組みになっています。

髪と頭皮を傷つけない白髪染め

無添加の白髪染めなら「利尻ヘアカラートリートメント」髪しっとり♪
www.sastty.com

≪ レフィーネ≫公式通販サイト

香りがよく髪の毛に優しい白髪ケア。全8色、天然くちなし色素を配合♪
www.8341.jp

180万本突破!話題の白髪染め

簡単に素手で使える。自然派・白髪染め≪ピュアハーバルヘアカラー≫
max-grow.com