ヘアカラーレベルと使用量の目安

ヘアカラーレベルと使用量は事前にしっかり確認を

ヘアカラーを使用する際には、ヘアカラーレベルの度合いとヘアカラーの使用量に注意する必要があります。

カラーレベルや使用量を間違えると、思わぬ色に染まってしまったり、髪の量によっては液剤が足りなくなってしまう場合もあります。

自分の理想の髪色に染めるには、どのカラーレベルを使用すれば良いのか、また、どのくらいの液剤が必要かを事前にチェックし、ヘアカラートラブルの予防に努めましょう。

ヘアカラーレベルをチェックする

ヘアカラーレベルとは、髪の明度をあらわす基準のことです。

カラーレベルが高いほど明るい髪色になり、低いほど暗めの色に仕上がります。

日本人の地毛のカラーレベルはおよそ4~5レベルと言われていますが、個人の髪質によってカラーレベルは異なります。

染める前の髪色や髪質によって、仕上がりのカラーレベルが大きく異なりますので、まずは現在の自分のカラーレベルがどの程度であるのかを把握し、失敗のないカラーリングを行うようにしましょう。

ヘアカラー剤の使用量

ヘアカラー剤の一回の使用量は髪の量や髪質によって異なります。

髪が多かったり、髪質が太かったりする場合は、やや多めに液剤を使用することになります。

ヘアカラーは1剤と2剤を混ぜ合わせて使用しますが、1剤の使用量の目安としては、ショートの場合40~50g、セミロングなら50~60g、ロングなら60~80g程度となります。

1剤と2剤を1:1で混ぜる場合、実際の混合液の量は上記の倍となりますが、1剤と2剤の配合量はヘアカラーによって異なります。1:1の場合もあれば、1:1.5や1:2など割合が異なるものあります。そのため、配合量に関しては必ずヘアカラー添付の使用説明書をよく読み、記載通りの量を混ぜるようにしましょう。

ショートやセミロングの場合、基本的には1箱で足りるはずですが、ロングの方や、セミロングでも毛量が多い方の場合、1箱では足りない場合もあるので、不安なら2箱購入するようにしましょう。

髪と頭皮を傷つけない白髪染め

無添加の白髪染めなら「利尻ヘアカラートリートメント」髪しっとり♪
www.sastty.com

≪ レフィーネ≫公式通販サイト

香りがよく髪の毛に優しい白髪ケア。全8色、天然くちなし色素を配合♪
www.8341.jp

180万本突破!話題の白髪染め

簡単に素手で使える。自然派・白髪染め≪ピュアハーバルヘアカラー≫
max-grow.com