シャンプー

カラーリング後のシャンプーはしっかり丁寧に

カラーリングをした後は、シャンプーで混合液をしっかり洗い流すことが大切です。

混合液が頭皮や髪に残留すると、髪や地肌へのダメージになるほか、開いたキューティクルが閉じにくくなり、染料が流れ出て色落ちの原因にもなってしまいます。

また、キューティクルが開いて毛羽立ったままになっていると、摩擦によってキューティクルがはがれやすくなり、パサついたダメージヘアになってしまいます。

カラーリング後はカラーリング専用のシャンプーやリンスを使用し、しっかり混合液を洗い流してダメージや色落ちを防ぐようにしましょう。

すすぎは念入りに

実際にシャンプーする前に、まずはぬるま湯でしっかりと混合液を洗い流します。

いきなりシャンプーを使用してもうまく泡立ちませんし、そのぶん髪によけいな負担をかけてしまいますので、最初のすすぎは念入りに行います。

目安としては、すすぎ湯から混合液の色がなくなり、無色透明になるまで続けましょう。

すすぐ際、浴室内に染料が飛び散りやすいので、すすぎ始める前に浴室をざっとぬらしておくと、万が一汚れても後で洗い流しやすくなります。

シャンプーは2度洗いでしっかりと

すすぎ終えたら、シャンプー液を手に取り、手のひらでしっかり泡立ててから使用します。

特にカラーリング後の髪は傷みやすいので、よけいな摩擦をかけないよう、ごしごしこすったりせず、やさしく丁寧に洗っていきます。

混合液をしっかり落とすため、シャンプーは2度洗いがおすすめです。

その後、リンスやコンディショナーで髪を整えますが、このとき、カラーリング専用のリンスを使用しないと、カラーリングのアルカリ剤で開いた髪のキューティクルをしっかり戻すことができません。

シャンプーはもちろん、リンスやコンディショナーは必ず弱酸性のカラーリング専用のものを使用し、速やかにキューティクルを閉じるヘアケアを行いましょう。

髪と頭皮を傷つけない白髪染め

無添加の白髪染めなら「利尻ヘアカラートリートメント」髪しっとり♪
www.sastty.com

≪ レフィーネ≫公式通販サイト

香りがよく髪の毛に優しい白髪ケア。全8色、天然くちなし色素を配合♪
www.8341.jp

180万本突破!話題の白髪染め

簡単に素手で使える。自然派・白髪染め≪ピュアハーバルヘアカラー≫
max-grow.com